「私は歩いて体重を減らしました」:小さな努力を重ねることの大切さ

自分にできることから着実に。ミーガンさんが 45kg のダイエットに成功した秘密

歩数の目標を設定してみたら、やる気がすぐに湧いてきました。ある日、たまたま Fitbit をチェックしてみたら、コンスタントに 10,000 歩をクリアできていることがわかったんです。それでさらにモチベーションが上がりました。

ミーガン・K

アメリカ、ペンシルベニア州フィラデルフィア

  • ダイエット

ミーガンさんの
アドバイス

ミーガン・K さんは、ペンシルベニア州フィラデルフィアで、幼稚園の保母さんとして働く 38 歳。ダイエットに挑戦してはいつも失敗してしまう、こんなパターンを繰り返していた女性でした。 「体重にはずっと悩まされていました。昔からフィットネスに興味はあったんですけど、いつも長続きしなかったんです」 そんなミーガンさんは昨年の春、友人を通して Fitbit トラッカーの存在を知るようになります。ミーガンさんのご主人は、その様子をしっかりチェックしていました。 「夫は私の誕生日に Fitbit One をプレゼントしてくれたんです。私は一目で気に入りましたね」

「歩数の目標を設定してみたら、やる気がすぐに湧いてきました。 ある日、たまたま Fitbit をチェックしてみたら、コンスタントに 10,000 歩をクリアできていることがわかったんです。それでさらにモチベーションが上がりました」 ミーガンさんは夏の間、早朝からウォーキングをしたりジムへ行ったりして、毎日を過ごすようになります。朝の時点で、すでに歩数の目標をクリアするようにもなっていました。 そしてミーガンさんの家庭では、ウォーキングが家族ぐるみのイベントに変わっていきます。息子さんが、毎日の散歩を一緒にするようになったのです。 「息子のいいお手本になることは、私自身にとっても、とても大切でしたね」ミーガンさんは、こう振り返ります。

やがて秋が訪れ、幼稚園でも新学期が始まりました。体重が 18kg も減っていたミーガンさんの姿に、職場の同僚が驚いたことは言うまでもありません。 「いったいどうやって体重を減らしたのと、たくさんの人から聞かれました」 ミーガンさんは自分の秘密、ウォーキングで減量に成功したことを喜んで教えてあげました。 さらには幼稚園の人事部にかけあい、同僚の保母さんたちが「お試し用」に使える Fitbit トラッカーを 10 台購入してもらいます。そして 1 か月単位のチャレンジでお互いに競争してみない?と声をかけていったのです。 他の保母さんたちも、すぐにチャレンジに夢中になりました。 「お試し用に買ってもらった 10 台のトラッカーは、いつも誰かが使っていましたね。そしてお試し期間が終わると、かなり多くの人が自分用に Fitbit のトラッカーを買ったんです!」

現在、ミーガンさんたちは休憩時間やランチタイムに、一緒にウォーキングを楽しんでいます。最初、10 人スタートしたチャレンジには、今では 30 人以上が参加するようになりました。 「職場の雰囲気が本当に変わりましたね。園児たちもそれに気づいているくらいなんです。みんなで励まし合いながらウォーキングをしますから、私の 1 日の目標も 15,000 歩に増やしたんです」

ミーガンさんは、日常生活にウォーキングを取り入れることで、順調に健康づくりをスタートさせました。でも本当に健康な状態になるためには、運動をするだけでは十分でないことにも気がついていました。 そこで今度は食生活も改善するようになります。 「アクティブな生活をすることと、ヘルシーな食事をすることはつながっています。 片方を始めると、もう片方も自然についてくるんですよ」

自分が無理なくできることから取り組んで、着実に健康づくりを進めていく。この方法でミーガンさんは、余分な体重を減らすことができました。 「10,000 歩を一気に歩こうなんて考えたら、誰だってためらってしまいますよね。 でも少しずつ歩き続けていると、本当にあっという間に歩数が伸びていくんです」 45kg の減量に成功した彼女の言葉には、とても説得力があります。

最初の頃、1 日に 10,000 歩を歩くというシンプルな目標に取り組んでいたミーガンさんは、新しいワークアウトやアクティビティも取り入れるようになりました。 今ではランニングやスイミング、サイクリングも楽しんでいます。 「Fitbit は私の人生を変えてくれました。今の私は、これまでになかったほどアクティブな生き方をしています。Fitbit One は、こういう変化をすごく簡単にしてくれたんです」

1 日を通して、少しずつ歩数を積み重ねていく

「一度に 10,000 歩も歩くのは、私の生活では無理でした。すごく大変なことのようにも思えましたね。でも朝に少し散歩をして、ランチタイムにもウォーキングをする方法で、歩数を増やしていくことができたんです」

自分に合った目標を設定する

「私の同僚には、1 日 30,000 歩もコンスタントに歩いている人が何人かいます。そういう人たちを見ると、つい自分も挑戦したくなります。私は負けず嫌いですからね。 だからそんな時には、30,000 歩も歩くのは大変だし、私の毎日の生活にとっては必ずしも現実的な目標にならないって、自分に言い聞かせるんです。 私にとっては 15,000 歩がちょうどいいし、それだけでもかなりの運動量になりますから」

絶対にできると信じる

「エクササイズが苦手な人でも、もともと運動する習慣がない人でも大丈夫。歩けば自然に運動になるんです。外に出て激しい運動する必要なんてありません。Fitbit で目標の体重を決めて、少しずつ慣れていくだけでいいんです」

ミーガンさんの
アドバイス

1 日を通して、少しずつ歩数を積み重ねていく

「一度に 10,000 歩も歩くのは、私の生活では無理でした。すごく大変なことのようにも思えましたね。でも朝に少し散歩をして、ランチタイムにもウォーキングをする方法で、歩数を増やしていくことができたんです」

自分に合った目標を設定する

「私の同僚には、1 日 30,000 歩もコンスタントに歩いている人が何人かいます。そういう人たちを見ると、つい自分も挑戦したくなります。私は負けず嫌いですからね。 だからそんな時には、30,000 歩も歩くのは大変だし、私の毎日の生活にとっては必ずしも現実的な目標にならないって、自分に言い聞かせるんです。 私にとっては 15,000 歩がちょうどいいし、それだけでもかなりの運動量になりますから」

絶対にできると信じる

「エクササイズが苦手な人でも、もともと運動する習慣がない人でも大丈夫。歩けば自然に運動になるんです。外に出て激しい運動する必要なんてありません。Fitbit で目標の体重を決めて、少しずつ慣れていくだけでいいんです」

ストーリーに登場したアイテムを手に入れる