健康的な「食」と「歩」で、コレステロール値はここまで下がります

炭水化物たっぷりの食事で、脂肪もたっぷり体についてしまっていたアダムさん。わずか 1 年で驚異的な減量に成功した秘密とは?

いろんなことがどんどん変わり続けていたし、 僕自身も変わり続けていました。 9 月の時点では体重が 23kg 減っていたんですが、 12 月には 34kg まで減っていました。
コレステロールを下げる薬を飲まなくてもよくなって、血圧も正常になったんです。

アダム・W

アメリカ、ウィスコンシン州ワウパカ

  • 健康管理
  • ダイエット

アダムさんの
アドバイス

Fitbit では、健康づくりの目標を達成したユーザーの方々から寄せられた体験談を、みなさんにご紹介しています。 アダム・W さんは、自分でも想像していなかったほど素晴らしい成果をあげた一人です。 わずか 1 年で体重を 45kg 減らし、コレステロール値と血圧も正常値に戻しました! 目標達成までの道のりを、アダムさんご自身に語っていただきます。

「こんにちは、アダムです。 33 歳で サンフランシスコのベイエリア、カリフォルニア州のフェアフィールド市に住んでいます。 僕は 2013 年 4 月に、45kg 減量する目標を立てました。 その目標をどうやって達成したのか、お話しさせていただきますね。

あの頃、僕の体重は 115kg もありました。 よくあるパターンのように、気がついたら体重がそこまで増えていたんです。 安くて簡単に手に入るものばかり食べていたし、運動する時間もなければ、体を動かそうという意欲もありませんでした。 特に体重が増えたのは、息子が生まれた直後です。 息子は出産予定日より 6 週間早く生まれたのですが、先天性の心臓疾患を二つ抱えていたんです。 そのために自宅で過ごせるようになるまで、10 週間も入院生活を送りました。

この間、僕と妻はサンフランシスコにある小児病院まで毎日通いました。何度も病院に泊まることもあったんです。 だからどうしても炭水化物の多い食事になってしまって。体を動かさずに、病院の中でじっと待っている時間も長かったですしね。 でも数か月後に、妻と決めたんです。息子が大きくなったら、心臓病をケアするための食事もしなければならないし、定期的に運動をすることも必要になる。だから自分たちも同じようにしていこうと。 そこで 4 月に Fitbit One を 2 個、そして体重計の Aria を買ったんです。

それと同時に、僕は健康診断を受けました。 健康診断の結果、コレステロール値は 240。 血圧は上が 150 で下が 120、 体脂肪率は 50% にもなっていました。 僕はさっそく運動を始めました。 食生活も変えたし、 1 日に 1 マイル(1.6km)歩くようにしたんです。 できることはすべてやりましたね。 生まれて初めて、カロリー計算もするようになりました。 そして体重を減らすためには、自分が摂取しているカロリーよりも多くのカロリーを消費しなければならないことに、すぐに気がついたんです。 具体的には 1 日の摂取カロリーを 1,500kcal に抑えて、2,500kcal 消費することを目指しました。

そこから本格的な挑戦が始まりました。 最初の週は 7kg 減りました。 あれはすごくうれしかったですね! ところが 2 週目に入るとペースが落ちて。そこから 3 週間も体重が変わらない状態が続いてしまったんです。 でも僕は諦めなかった。絶対に痩せるんだという気持ちを持ち続けるようにしました。 そしてウォーキングを 1 日 3 マイル(4.8km)に増やしたんです。 最初は、8,000 歩も歩くというのは、なんて大変なんだろうと思ったのを覚えています。 でも頑張って歩き続けているうちに、だんだん楽にこなせるようになったんです。

そして 8,000 歩が 12,000 歩 になり、歩数は 15,000 歩、20,000 歩と増えていきました。 ちょうどあの頃は摂取カロリーが 1,600kcal で、消費カロリーは 3,200kcal になっていました。 でも僕はウォーキングをするだけでなく、5 マイル(8km)のジョギングをしたり、階段を 20 階分、駆け上がったりするようなこともしていました。 すると横ばいだった体重が、もう一度減ってきたんです。 あの時は本当に感動しました! それからは体重が毎月、4.5 〜 5.5kg ずつ減っていくようになったんです。 もちろん数か月間努力を続けても、少ししか体重が減らないような時期はありました。 でも毎日、息子の胸にある手術の跡を見て、健康づくりを続けていくのは大切なことなんだぞと、自分に言い聞かせたんです。

さらに 8 月からは、5km マラソンの大会にも毎月参加するようにしました。 すでに体重は 15 kg ほど減っていたんですが、最初の大会に出場した時には、さすがに死ぬほどきつかったですね。 でも結果的には 34 分ちょっとで完走しました。 これは予想外でした。 だから余計に意欲が湧いてきたんです! それからも、体重は順調に減り続けていきました。でも調子が出てきたなと思った頃に、感謝祭のようなホリデーがやってくるんです。 だから休暇に入るたびに、僕の体重は 4 〜 5kg ずつ増えてしまいました。 でも毎日、食事はきちんと摂っていましたし、体重が増えた分は消費するカロリーを 2 倍に増やすことでカバーするようにしたんです。

そういう時には Fitbit のダッシュボードが本当に役立ちました。データを見て 1 日単位で目標がクリアできているかどうかが確認できますから。 ただし僕は、いわゆる「ダイエット」(食事療法)はしていませんでした。減量を年間の目標にしていたわけでもないですしね。 むしろ僕は、ライフスタイルそのものを変えようとしていたんです。 話を続けましょう。ホリデーシーズンに増えた体重は元に戻り、僕の体重はそれからも減り続けていきました。 11 月からは、栄養士のカウンセリングを受け始めました。 すると驚いたことに、僕の運動量を考えれば、むしろ 1 日に 2,100 〜 2,400kcal を摂取した方がいいと言われたんです。 だから今度は毎月、数 100kcal ずつ摂取カロリーを増やしていくようにしました。 そのおかげで体力のレベルも上がっていきましたね。 6 マイル(9.6km)を 1 時間で完走できるようになったし、階段も 50 階分、上ることができるようになったんです。 こうして 1 日の摂取カロリーを 2,000kcal にした時には、消費カロリーは 4,000kcal になっていました。

いろんなことがどんどん変わり続けていたし、 僕自身も変わり続けていました。 9 月の時点では、健康づくりをスタートした時から体重が 23kg 減っていたんですが、 12 月には 34kg まで減っていました。 コレステロールを下げる薬を飲まなくてもよくなって、血圧も正常になったんです。 現在のコレステロール値は 165 で、血圧は上が 115、下が 75 まで下がりました。 今では 2 週間に 1 度、血小板の献血もできるようになりましたしね。 僕の息子は手術をするたびに、血小板の輸血を受けました。 その恩返しをするためにも、僕は健康でいなければならないんです。

僕はほとんどの場合、自宅の近くにある自転車の専用道路でウォーキングやランニングをしていました。 そこである日、自転車専用道路の取材に来ていた地元の新聞記者から、インタビューを受けたんです。 僕が話した内容は記事になり、新聞の一面に掲載されました。 あの時には、周りの人々から『とても感動したよ』と言われました。 その結果、僕の知人だけでも 10人以上がもっとヘルシーな食事をしたり、アクティブに体を動かすようになったんです。

僕はいつも、どうやって痩せたんだい?と尋ねられますが、 自分が実行したのはシンプルな方法です。カロリー計算をして、ヘルシーな食事をする(自分で全部料理したり、添加物が少ないものを食べる)。そして毎日、エクササイズをしたんです。 こういうふうに生活を変えていった結果、2 月 13 日には、ついに目標の体重をクリアしました。 10 か月で 45kg の減量に成功したんです。 今は体重が 70kg で、体脂肪率は 17% になりました。 9 マイル(15.5km)を、90 分で楽に走ることもできるようになりましたし、 1 日の歩数も平均で 30,000 〜 35,000 歩になっています。 今回、僕は Fitbit の Facebook のページにコメントを書き込んだのが縁で、自分の体験談をシェアさせてもらうことになりました。 たしかに僕が減量を始めたのは息子のためだったし、Fitbit One を買ったことがきっかけではなかった。でも目標にフォーカスできたのは、Fitbit One のおかげですね。 1 日に何度もスマートフォンのアプリを見て、もうちょっとだけ頑張ってみようと、モチベーションを維持したんです。

僕はこれからも、今の健康的なライフスタイルを続けていこうと思っています。 4 月には初めて 10km マラソンに出場する予定なんです。 3 月にはハーフマラソンのトレーニングも始めます。 そして 3 年以内に初のフルマラソンに出場することが目標なんですよ。

おかげさまで、妻もすでに体重が 38.5kg ほど減りました。 妻は数年前に脚を大怪我したので、1 日に多くても 6,000 歩ぐらいしか歩けません。 でも僕たちは、二人で決めたことを実行しています。それは息子にとって、良いお手本になるということなんです。 だから息子は、僕や妻がファーストフードを食べる場面なんかは、決して見ないでしょうね。 代わりに僕たちが脂肪の少ない肉や、野菜とフルーツをたくさん食べているのに気づくことになると思います。 僕はこうした減量や生活の改善を、専業主夫として息子の治療や病院への送り迎えをすべて担当しながら、やり続けました。 ジョギングをする時にも、息子をいつもジョギング用のベビーカーに乗せていました。 ですから息子は、長い距離を歩くのにすごく慣れているんです。

僕は生活を変え、体重を戻すことができました。 でも、自分がすごいことを成し遂げたとは思っていません。 むしろ僕がやったのは、誰にでも実行できることだと思います。 この方法は、お金はあまりかかりませんが、時間はかなりかかります。 それに僕と妻は、ゆっくりテレビを見たり、カロリーの高い食事を摂ったりすることも諦めなければなりませんでした。 でも、その価値は十分にありました。 僕がやったことは、本当に誰でもできることなんです。 だけど心で願っているだけじゃ、なかなか実現できないのも事実ですね。 まず、自分は何としてもこれをやり遂げるんだと決めて毎日、必ず実行する。そしてライフスタイルを変えていく。これが僕のやり方だったんです」

健康的な食生活をする

どうやって痩せたんだい? といつも尋ねられますが、 実行したのはシンプルな方法です。カロリー計算をして、ヘルシーな食事をする(自分で全部料理したり、添加物が少ないものを食べる)。そして毎日、エクササイズをしたんです。

アダムさんの
アドバイス

健康的な食生活をする

どうやって痩せたんだい? といつも尋ねられますが、 実行したのはシンプルな方法です。カロリー計算をして、ヘルシーな食事をする(自分で全部料理したり、添加物が少ないものを食べる)。そして毎日、エクササイズをしたんです。

ストーリーに登場したアイテムを手に入れる