家族ぐるみの健康づくり:エクササイズを新たな「絆」にする方法

健康になった父親と、家族全体に起きたうれしいサプライズ

心拍数をチェックしたかったんです。自分は心拍数が高いので、心臓病になるリスクを心配していましたから。

ニール・W

アメリカ

  • 健康管理

ニールさんの
アドバイス

ニール・W さんには 15 歳になる息子、オリバー君がいます。 ちょうど 15 歳の時、ニールさんはお父さんを心臓発作で亡くしました。 自分は亡くなったお父さんから、コレステロール値の高い体質を受け継いでいる事実を知ったニールさんは、健康づくりを始めます。妻のマリーさん、9 歳の娘エミリーちゃん、そして息子のオリバー君のために、できる限りの努力をしてみようと決意したのです。

「もともとスポーツは嫌いな方ではありませんでした。でも 2 年ほど前にフィットネス トラッカーに興味を持つようになって、Fitbit Surge を手に入れたんです」現在 51 歳、エンターテインメント業界で非常勤の管理職を務めているニールさんは、Fitbit を使い始めた理由をこう説明します。 「心拍数をチェックしたかったんです。自分は心拍数が高いようなので、心臓病になるリスクを心配していましたから」 当時、ニールさんの安静時の心拍数(RHR)は、1 分間に約 73 回。中年男性としては平均的な数値でしたが、理想とは程遠いものでした。アメリカ心臓病学会が 2007 年に発表した研究結果によれば、安静時の心拍数が 70 〜 75bpm の人は、心拍数が 60bpm の人に比べて、心臓発作を起こすリスクが 2.5 倍も高いことがわかっています。 逆に心拍数が少なければ、心臓はより健康だということになります。心臓から一度に多くの血液を送り出すことができれば、鼓動の回数は少なくて済むからです。

ニールさんは Fitbit トラッカーを使いながら、楽しく健康づくりに励むようになりました。その姿を見て、今度は妻のマリーさんと息子のオリバー君も、自分用のトラッカー(Fitbit Charge)を手に入れます。こうしてニールさん一家は、家族ぐるみで生活の習慣を変え、健康づくりに取り組むようになりました。 歩数をカウントし、1 週間でどれだけ歩けるかをチェックするようになったのです。 最初に変えたのは、毎朝の習慣でした。 ニールさんは子どもたちを車で学校まで送る代わりに、新しく飼い始めた子犬の散歩も兼ねて、家族全員で歩くようにしました。 「初めの頃は、子犬が跳んだり跳ねたり、生まれて初めて目にするものに驚いたりする様子を眺めるのが、家族全員の楽しみでしたね」ニールさんは振り返ります。

でも歩数が増えていくにつれて、ニールさんは家族のあいだに、ウォーキングの習慣よりも大切なものが生まれたことに気がつきます。家族の一体感です。 「学校までは、片道 20 〜 25 分かかる。だからその時間を、みんなで一緒に過ごす形になるんです。 一見、大したことではないように思えるかもしれません。でも何にも邪魔されずに、家族全員が一緒に時間を過ごす機会なんて、どれだけあります? 学校に着くまでは、スマートフォンもいじらないし、ゲームをしたり、テレビでスポーツ番組を見たりもしない。家族 4 人でずっと話をしながら、歩いていくんです」

「子どもたちにとっては、私にじっくり話を聞いてもらえる時間ができたことになる。多かれ少なかれ、私と妻にとっても、子どもたちにもっと気持ちを伝えられるようになった。お互いのことを考え、わかりあうための時間が、これまでとは比べ物にならないほど増えたんです。 フィットネス トラッカーは、アクティビティのデータを記録して、目標を達成するためだけに使うものだ。多くの人はこんなふうに思っていますよね。 でも私たち家族は Fitbit を使うことで、もっと大切なものを手に入れることができた。一緒に過ごす時間と幸せです。この二つは、どんなにお金を出しても買えないものなんです」

ニールさんは、以前よりも満ち足りた気持ちで毎日を過ごせるようになりました。それだけではありません。心臓の状態も明らかに改善されたのです。 今では、ニールさんの安静時の心拍数は 60bpm に下がっています。 妻のマリーさんも体重が 6kg 減り、体調が驚くほど良くなりました。 「誰かに愛されていると実感する。そして自分も、愛情を伝えていける。これほど素晴らしいことはありません。 健康づくりを通じて、私たちの家族は愛情で満たされるようになったんです」

毎日の生活に運動を取り入れる

ニールさん夫妻は毎朝、子どもたちを学校まで送らなければなりませんでした。でも生活の習慣を変え、車を使う代わりに一緒に歩いて通い始めるようになります。 外食をするために出かける時も、車を使わずに歩いていくようになりました。 ジムに通って運動するだけだったら、体を動かすためのアクティビティを、日常生活の中にこれほど組み込むことはできなかった。ニールさんは、そう振り返ります。 「ジムに通ったことは今まで何度もありますが、ジムで運動するというのは孤独なんです。 私は 15 歳の時に父を亡くしました。父は 43 歳でしたね。この経験を通して、家族や友達と一緒に過ごす時間は何よりも貴重だという、かけがえのない教訓を学んだんです」

夕食後に体を動かす

ニールさんは裏庭にバドミントンのネットを張っています。そして週に何日かは、夕方、家族でバドミントンを楽しむようにしています。 「私たちにとっては、食後のデザートのようなものですね。 ある時には息子が最高のスマッシュを打って、娘が見事に打ち返したのに、私がひどいミスをしたり。二人の子どもたちが素晴らしいプレーを見せた後に、父親の私が転んでしまったりするんです! 家族に一体感が生まれて、みんなで大笑いしながら時間を一緒に過ごせるようになる。そこが大切なんです。バドミントンも同じですよ」 このような取り組みが、健康づくりに大きく役立つのは言うまでもありません。

自動車に乗るのは最後の手段にとっておく(まずはシンプルに歩いてみる)

「毎朝、海辺の道を歩きながら学校に向かっていると、子どもを後ろに乗せた車が、どんどん私たちを追い越していきます。でも私たちは美しい海を眺めて歩きながら、会話を楽しむんです。多くの人々があまりに先を急ぎすぎて、大切なものを見失っていると思いますね。それは愛する人たちと、一緒に時間を過ごすことなんです」

ニールさんの
アドバイス

毎日の生活に運動を取り入れる

ニールさん夫妻は毎朝、子どもたちを学校まで送らなければなりませんでした。でも生活の習慣を変え、車を使う代わりに一緒に歩いて通い始めるようになります。 外食をするために出かける時も、車を使わずに歩いていくようになりました。 ジムに通って運動するだけだったら、体を動かすためのアクティビティを、日常生活の中にこれほど組み込むことはできなかった。ニールさんは、そう振り返ります。 「ジムに通ったことは今まで何度もありますが、ジムで運動するというのは孤独なんです。 私は 15 歳の時に父を亡くしました。父は 43 歳でしたね。この経験を通して、家族や友達と一緒に過ごす時間は何よりも貴重だという、かけがえのない教訓を学んだんです」

夕食後に体を動かす

ニールさんは裏庭にバドミントンのネットを張っています。そして週に何日かは、夕方、家族でバドミントンを楽しむようにしています。 「私たちにとっては、食後のデザートのようなものですね。 ある時には息子が最高のスマッシュを打って、娘が見事に打ち返したのに、私がひどいミスをしたり。二人の子どもたちが素晴らしいプレーを見せた後に、父親の私が転んでしまったりするんです! 家族に一体感が生まれて、みんなで大笑いしながら時間を一緒に過ごせるようになる。そこが大切なんです。バドミントンも同じですよ」 このような取り組みが、健康づくりに大きく役立つのは言うまでもありません。

自動車に乗るのは最後の手段にとっておく(まずはシンプルに歩いてみる)

「毎朝、海辺の道を歩きながら学校に向かっていると、子どもを後ろに乗せた車が、どんどん私たちを追い越していきます。でも私たちは美しい海を眺めて歩きながら、会話を楽しむんです。多くの人々があまりに先を急ぎすぎて、大切なものを見失っていると思いますね。それは愛する人たちと、一緒に時間を過ごすことなんです」

ストーリーに登場したアイテムを手に入れる