最も効果的な減量とは?食生活とエクササイズの見直し方、教えます

「体重を減らすには努力が必要です。でも、それだけの価値はありますよ!」(ルイス・R)

コレステロール値が高すぎるので、薬を飲まなければならないと言われました。糖尿病の予備軍にもなっていましたし、無呼吸症候群のせいで、寝る時には 呼吸を補助する装置が必要だったんです。

ルイス・R

アメリカ、メリーランド州ベルエア

  • 健康管理
  • ダイエット

ルイスさんの
アドバイス

メリーランド州ベルエアに住む 37 歳の技術者、ルイス・R さんは、減量に挑戦しては失敗するというパターンを何度も繰り返してきました。 「体重が 146kg あったので、ズボンのサイズは 52 インチ、シャツは 3 L サイズのものを着ていたんです」ルイスさんは、かつての自分をこう振り返ります。 「自分でも太っていることに嫌気が差していたし、周りからは健康のために、体重を減らせと言われ続けていました。それで余計にフラストレーションが溜まっていったんです。 もっと健康になるためには、自分が決断しなければならない。そのことは嫌というほどわかっていました」

2015 年 1 月、ルイスさんは他の人たちがよくやるように、今年こそは体重を減らそうと目標を立てます。 でも結局は、挑戦しては失敗するいつものパターンになっていきました。ところがその数か月後、ルイスさんは医師の診察を受け、肥満がいかに自分の体に悪影響を及ぼしているのかを思い知らされます。 「コレステロール値が高すぎるので、薬を飲まなければならないと言われました。糖尿病の予備軍にもなっていましたし、無呼吸症候群のせいで、寝る時には 呼吸を補助する装置が必要だったんです」 ルイスさんの心の中で、カチッとスイッチが入りました。やがて 5 月になると、ルイスさんは奥さんとじっくり話し合うことになります。 そして、夫婦で一緒にもっと健康になろう、体重を減らす方法を見つけていこうと新たに誓いを立てたのです。 目標を達成するため、二人はそれぞれ Fitbit Charge HR も購入しました。

ルイスさんはトレッドミルも買い、自宅で毎朝 30 分間、ウォーキングを始めました。 「大変だったし、すぐに疲れてしまいましたが、諦めるつもりはありませんでした」 そして次にはジムに入会し、1 日に 2 回ずつ通い始めるようになりました。毎日です。 「もともと朝型なので、午前 4 時に起きて出勤前に運動するんです。そして仕事が終わった後も、またジムに立ち寄るようにしましたね」 ルイスさんの体はみるみるうちに変わっていきます。まずトレッドミルでは、傾斜をつけてウォーキングができるようになり、歩く時間も 30 分から 45 分、そして 1 時間へと増えていきました。 自分を追い込むために、ウェイト トレーニングも開始。1 日あたりの歩数の目標も 10,000 歩から 15,000 歩へと増やしました。

さらにルイスさんは運動の量を増やしながら、食事の内容も全面的に見直していきます。 「以前はファーストフードを食べていたし、ライスと豆を添えたポークチョップを夕食のメニューにしていました。でもサラダや鶏の胸肉、そしてブロッコリーやニンジンといった野菜に切り替えたんです。 ビールや炭酸飲料も止めて、代わりに水を飲むようにもしました」 さまざまな挑戦を支えたのは、パートナーの存在でした。奥さんと一緒に取り組んだことが、ハードルを低くしたのです。 「私と妻は、いつもお互いにサポートし合うんです。 たとえば初めの頃は、私の方が速いペースで体重が落ちていたので、妻は焦っていました。だから妻がモチベーションを失わずに、目標に挑戦し続けていけるように励ましたんです」 やがて二人には、一緒に努力した成果が現れます。減量に取り組み始めた頃に比べてルイスさんは 26kg、奥さんも 13kg 体重が減っていました。

ルイスさんのズボンのサイズは 44 インチ、シャツは XL サイズに変わりましたが、もっとうれしいことがありました。医師からこんな報告を受けたのです。 「コレステロールの値が正常になって、薬が要らなくなったんです。今は眠る時に、呼吸を補助する装置も使っていませんし。 昔はいつもストレスや疲れを感じていましたが、今は体の中からエネルギーが湧いてくる。じっとしているのが、もどかしいくらいですよ」ルイスさんは、最後にこう語ってくれました。「体重を減らすのは簡単じゃありません。 我慢をしなければならないこともあるし、意志の強さも必要になりますから。でも、こんなに体調がよかったことは、今までなかったですね」

好きな食事を楽しめるようにする

「僕は夕食を楽しみたいので、朝食と昼食は軽めに摂るようにしています。 この方法なら、夕食の量を少しだけ増やせるんです」

一緒にゴールを目指す

「毎週土曜日の午前中は妻と一緒に外へ出て、5km のルートを 45 分かけて歩いています。 妻は今度、 5km を走るトレーニングに切り替えたいと言っているので、僕も一緒に挑戦する予定なんです」

サラダバーを利用する

「職場に社員食堂があるんですが、僕はサラダバーしか利用しません。 ほかの料理が並んでいるカウンターは、見向きもしませんね。フライドチキンみたいな脂っこい料理は食べたくないですから」 

ルイスさんの
アドバイス

好きな食事を楽しめるようにする

「僕は夕食を楽しみたいので、朝食と昼食は軽めに摂るようにしています。 この方法なら、夕食の量を少しだけ増やせるんです」

一緒にゴールを目指す

「毎週土曜日の午前中は妻と一緒に外へ出て、5km のルートを 45 分かけて歩いています。 妻は今度、 5km を走るトレーニングに切り替えたいと言っているので、僕も一緒に挑戦する予定なんです」

サラダバーを利用する

「職場に社員食堂があるんですが、僕はサラダバーしか利用しません。 ほかの料理が並んでいるカウンターは、見向きもしませんね。フライドチキンみたいな脂っこい料理は食べたくないですから」 

ストーリーに登場したアイテムを手に入れる